ライバルと一緒に頑張る中学受験

小学校のクラスの中で中学受験をする児童はどのくらいいるでしょうか。地域にもよるでしょうが全員が受験するという学校はそうないでしょう。場合によっては受験するのは自分一人ということもあり得ます。最初は頑張っていられても、そのうちに受験をしない周りの雰囲気に引きずられて意欲が落ちてしまうかもしれません。そんな時、モチベーションを上げてくれるのが塾の仲間たちです。

一人だとついさぼりがちな子どもでも、まわりの生徒たちが頑張っているのを見ると、焦らずにはいられません。特に同じ中学を受験する子どもは良い意味で刺激になります。ライバルがいることで、自分の相対的な学力を客観的にみられますし、そこからやる気も起きてきます。

中学受験は志望校によって対策が全く違ってきます。当然勉強方法も志望校ごとにバラバラです。そんな中で同じ学校を目指す者同士助け合える環境は素晴らしいです。塾で助け合った仲間が共に合格できれば、入学後も心強い友達になれます。

保護者にとっても有り難いのは、保護者同士も悩みは同じなので、相談相手ができることです。中学受験は子どもだけでなく、保護者もストレスがたまります。その点、親も子も話し合える仲間ができることはとても良いことです。