中学受験での勉強法は過去問を先にやってから

中学受験における勉強法の正攻法としては、過去問を先にやってしまった方が良いと思います。やるというか、どういう問題が出ているのか?の確認が必要ということです。できれば解いてみてほしいということになりますけど、志望校が決まっている場合には、そこへの最短距離の勉強をしていきたいので、ある程度勉強をして実力がついてきてから過去問をやって力試しをするのではなく、最初に自分が植える予定の中学の過去問をやってから勉強を本格的に始めた方が良いかもしれないのです。

実力をつけてから過去問を始めると、それまでの勉強というのは志望校の過去問を前提にして行ってきたものではないので、恐らく志望校では出ない部分、出づらい問題なども含まれている可能性があります。そうならば、それは無駄になってしまうかもしれないので、非効率ということになってしまうのです。

そういう部分をなくすには、先に志望校の過去問をやって、その出題傾向に沿った問題を解くというのが必要で、それによって最短距離で効率よく勉強をしていくことができると思います。

だからこそ、実力がつく前に満足に解けるわけないんですけど、志望校の過去問を先にやるのが良いと思います。そういったプロセスの違いで、中学受験は差がつく可能性もありますから、知っておくと良いでしょう。